鉄道会社の組合はどんなもの?その4(どの組合に入ればよいか)

以前から鉄道会社の労働組合については色々と記事を書いてきた。

大きく内容をまとめると、①鉄道会社への就職=労働組合への加盟(第一組合員に非ざれば人に非ず)、②組合活動は政治活動(団結ガンバロー)、③労働組合は巨大集金装置、である。

2020年5月現在、今年入社した新入社員の方々はもう組合への勧誘が本格化してきた頃だろうか。あるいはもう既に組合加盟の手続きをしてしまった後だろうか。

結論から言ってしまうと、鉄道会社に就職するにあたって組合に入らないという選択肢はない。ただし、入る組合を間違ってはいけない。会社と手を握っている組合に入らなければ、鉄道人生はそこで終了である。

今回はJR本州各社において、どの組合に入ればよいかをそれぞれ紹介しよう。

JR東日本:社友会

JR東日本に就職した場合、厳密に言えば組合に加盟する必要はない。これはJR各社の中でも異例の存在である。

しかし組合の代わりに、「社友会」という組織があり、組合ではなくここに加盟する必要がある。

元々は、東労組(東日本旅客鉄道労働組合)・国労東日本(国鉄労働組合東日本本部)・東日本ユニオン(JR東日本労働組合)など計8つの組合が存在した。(同じ会社に8つも組合があること自体意味が分からないのだが…)

が、さらにそれも分割し、現在は11の組合が存在している

出所:東日本旅客鉄道株式会社IR資料

このうち、東労組(とうろうそ、と読む)というJR総連系の組合が最大勢力で、会社側ともべったり組んでおり、この組合に入っていなければ人に非ずといった権力を誇っていた。

この辺りの経緯は書くと長くなるので別の記事で紹介しようと思う。

しかし、2018年に東労組が計画したストライキが失敗したことを発端に、この最大組合は分裂した。この辺りの経緯は、「JR東日本 ストライキ 失敗 分裂」等でググってみれば詳しく出てくるだろう。

要するに、過激な行動を起こして”古き良き”労働運動というものをやりたがった組合幹部に、大半の若手組合員がついていけず大量に脱退したということだ。

5万人近くもいた組合員が、現在は1万人を切っている。大幅な脱退だ。

東労組と内心手を切りたがっていた会社の人事労務系の勢力が背後で糸を引いていたという話もあるが、おそらくは今の2~30代の社員にとって、馬鹿げた権力闘争や労働運動等は時代錯誤であり、加齢臭がする労働組合に付き合ってられないという空気が大きかったと思われる。

この最大勢力の東労組が無くなった受け皿として、会社側が用意した団体が「社友会」である。東労組程の組織ではないが、会社側が手を組んでいる組織なので入るよう誘導されるだろう。特に総合職は下手に自分で考えて組合を選ぶのではなく、会社と手を結んでいる団体に入らなければ永遠に出世の芽は無くなるので気を付けよう。

JR東海:JR東海ユニオン

JR東海に就職した場合、JR東海ユニオンへの加盟が必要だ。

JR東海には、JR東海ユニオン(東海旅客鉄道労働組合)、国労東海(国鉄労働組合東海本部)、JR東海労(ジェイアール東海労働組合)、建交労東海(全日本建設交運一般労働組合東海鉄道本部)の4つの組合が存在する。

出所:東海旅客鉄道株式会社IR資料

最大勢力はJR東海ユニオンであり、ここが会社と手を組んでいる組合となる。

入社した人はここ以外の組合に入ることは許されない。というか、JR東海の場合は他労組が新入社員を加盟させる隙を作らない。研修期間中は他労組の社員が新入社員と接点を持つことはないし、現場配属後も徹底的に監視される。

よほど会社に不満があり、自ら他労組に加盟を申し出ない限りはほぼ確実に他労組に加盟することはないだろう。

こういった徹底した労組対策が功を奏し、JR東海の労働組合は比較的安定している。約95%がJR東海ユニオンであり、他労組の高齢化は著しい

その余裕からか、少数組合に対する表立った弾圧もそこまで見られない。また組合活動もそこまで政治的な色は強くない。どちらかといえば、団結を深めるための軍隊的な行動が多い印象がある。

他労組の定年退職が進み次第、単一組合へと収束していくのではないだろうか

こういった環境のため、他労組に入った瞬間に干されることは確定である。普通に勧誘されるままにJR東海ユニオンに入るのが安定した鉄道人生を送るために必須である。

JR西日本:JR西労組

JR西日本に就職した場合は、JR西労組(にしろうそ、と読む)への加盟が必要である。

JR西日本には5つの組合がある。JR西労組(西日本旅客鉄道労働組合)、国労西日本(国鉄労働組合西日本支部)、JR西労(ジェーアール西日本労働組合)、建交労西日本鉄道本部( 日本建設交運一般労働組合西日本鉄道本部)、動労西日本(国鉄西日本動力車労働組合)である。

出所:西日本旅客鉄道株式会社IR資料

このうち最大勢力はJR西労組であり、会社と手を組んでいる。

JR連合というJR東海と同じ上部組織を持つ組織であり、その成り立ちも含めJR東海の労働組合と雰囲気は似ている。

入社するとここ以外の組合に加盟することが許されないのはJR東海と同じである。また、JR西労組の組織率は95%程度と非常に高くなっており、JR西日本も単一組合へといずれは収束していくだろう。

ただし、JR西日本はJR東海ほど労組対策は徹底されておらず、他労組も比較的自由に動けている(といってもそこまで積極的なわけではないが)。

これには理由があり、JR西日本は他労組(JR西労)の運転士を自殺に追い込んでいる。詳しくは書かないが、労組が異なるという理由で日勤教育をはじめとした不当な待遇を受け続けた結果、ある運転士が自殺したという事件である。裁判にもなったが、会社側の責任は問われていない。

また、福知山線脱線事故の影響も大きいだろう。あまり監視を強めすぎると、社員が暴走して重大事故につながりかねないという認識が会社にもあるのではないだろうか。

いずれにせよ、JR西日本も最大労組であるJR西労組に加盟するしか選択肢はない。ここもJR東海と同じく政治色が強い過激な組織というわけではないので、まだマシだろう。

まとめ:最大組合に入るしか選択肢はない

ここまでJR本州三社の組合事情について書いてきたが、これはJR北海道やJR四国、JR九州、JR貨物においても同様だ

それぞれ最大勢力の毛色は違うにせよ、第一組合に入らなければまっとうな鉄道人生は歩めない。会社に不満があるからといって、下手に感化され勢いだけで組合を移ることは決してしてはならない。

会社側の意向をよく見極め、どの組合が力を持っており、出世につながるかを見極めることが重要だ。

しかし、冷静に考えてみれば同じ会社内に複数組合が存在し、事業で他社と競争するのではなく、社内で組合同士でいがみ合うというのもおかしな話だ。

特に、JR東日本の組合事情は現在かなり入り乱れている。東労組の分裂から2年経ち、分裂した組合が更に分裂を繰り返すなど、内ゲバばかり繰り返している

くだらない権力闘争に巻き込まれたい人なんて皆無だろうが、鉄道会社に就職した以上どうしてもどこかで組合と関わらざるを得ない。自分の利得のみを考えて生きていくことがベストだが、職場の人間関係等色々なしがらみから、中々そうはいかないことも事実だ。

また、鉄道会社に総合職として就職した人は、組合こそが会社の主要な業務だという事を認識する必要がある。鉄道事業の海外展開や関連事業の開発、輸送の未来を考える等、大きな夢を持っている人が大半だろう。

しかし現実は、時間の無駄にしか思えない調整業務や組合との折衝だ。自分の所属する組合だけでなく、各組合の動向は嫌でも学ばなければならないし、いずれ管理職になってくると各組合とのつながりは避けられない。くだらない内容がほとんどで時間の無駄に思えることばかりだろうが、鉄道会社イコール組合である。組合対策をやって給料をもらっているといっても過言ではない。

総合職・現業職関係なしに組合は絶対に避けられない。旧態依然とした組織ではあるが、それが鉄道業界の「常識」なのである。世間と同じ感覚を持っていては務まらない仕事である。

それを認識したうえで、皆さんもうまく会社・組合と付き合っていってほしい。

鉄道会社のインターンで実態はわかるのか?

このブログは外からはわからない鉄道会社の実態を伝えることを目的としたブログだが、インターンに行けば実態がわかるのでは?という意見もよく聞く。

確かに最近はJR・私鉄共にインターンをやる会社が多く、学生の業界理解の助けになっていることは間違いないだろう。

しかしインターンは所詮はインターン。今回はインターンではどのような事をやって、それが実態とはどう違うかを紹介しよう。

1.傍からみるとかなり本格的

多くの鉄道会社が「業務理解を深めてほしい」「会社で働くイメージを持ってもらう」「より実際の業務に近いことを体験し志望度を上げてもらう」等と称してインターンをやっている。

今回は代表例として、JR東日本とJR東海の最新のインターンシップ内容を見てみよう。

JR東日本だと大きくはビジネスマネジメント(事務系)とテクニカルマネジメント(技術系)の2つ、JR東海だと事務・運輸・施設・車両・電気の5種類と採用系統と同じくくりになっている。

“鉄道会社のインターンで実態はわかるのか?” の続きを読む

鉄道会社の組合はどんなもの?その3(強制加入と膨大な組合費)


鉄道会社の組合活動=政治活動であることを以前紹介しました。なぜ、そこまで大規模な活動ができるのか?今回は組合への強制加入と社員が徴収されている組合費の実態について紹介します。

労働組合へはほぼ強制的に加入

鉄道会社に就職すること=労働組合に加入することについては既に紹介した通りである。

建前上は、労働組合への加入は自由であり、どの組合を選んだとしても不都合にならないというオープンショップ制をしいているが、実態は異なる。筆者も半強制的にある組合へと加入させられた。

組合への加入手続き

新入社員研修が始まりしばらくしてから、先輩社員主催の懇親会を行うという事で、本社近くのホテルへとバスで異動させられた。なぜか出発前に講師から、「筆記用具と印鑑を持っていくように」という指示が下される。

単なる懇親会なのに変な指示だな、と思いつつも指定されたものを持って会場へと向かった。

新入社員全員が会場で指定された席に座ると、司会の人から今回の懇親会の趣旨について説明が始まった。

「今日は皆さんに、労働組合というものについて知ってもらおうと思います。」

懇親会のはずなのに、なぜ?と同期と顔を見合わせていると、同じテーブルの先輩社員が何やら紙を出して説明を始める。

「ブラック企業って最近よく聞くよね?君たちもこれから会社で働くことになるけど、給料が払われなかったり、不当な命令をされたらいやだよね?」

「でも、そういうことが起こってしまったとき、私たち社員が一人で会社に抗議するのは難しいでしょ。」

「だから社員が団結して、会社に社員の声を届けることが必要だね。そのための組織が労働組合なんだ!」

とまあ、テレビショッピングのような茶番、もとい出し物が目の前で繰り広げられる。懇親会とは一体なんだったんだろうか?出された飲み物や食事に手を付ける暇もなく、先輩の出し物は続けられる。

「こういう組合がないとどうなると思う?会社はきっと、僕たち社員に平気で無理難題を押し付けてくるよね」

「もしかしたら、賃金が未払いになるかもしれないし、不当にクビにされちゃうかもしれないよね?」

「そういうことが起こらないよう、社員側も団体となって力を持つ必要があるんだ!」

とまあ、こんな具合である。いつの間にか、控えていた別の社員が入会届をテーブルに配っていく。先輩たちは、僕らの話に共感してくれたら目の前の書類にサインして印鑑を押してくれと言っている。

ここで初めて印鑑と筆記用具を持っていくという意味が分かった。

まさかこの雰囲気で断る人間がいるわけもないし、実際私も組合が怖い会社から自分を守ってくれると信じていた。(実際は、肝心なところは抗議してくれることもなく、会社の他に組合という大規模な組織の面倒な関係まで加わり、負担は増えただけなのだが…)

“鉄道会社の組合はどんなもの?その3(強制加入と膨大な組合費)” の続きを読む


鉄道会社の新入社員研修は?その3(組合問題とブラック企業)


入社式新入社員研修についての記事を書きましたが、今回はその続きです。

労働組合についての研修

これまで鉄道会社の労組について語ってきたが、筆者が入社直後に組合についてどう習ったかを書いていきたいと思う。

複数の組合

ある日の講義では、労働組合について学ぶことになった。
世間の人の一般的な労働組合のイメージは、会社に一つ存在し賃上げ交渉をしたり、社員の要望を経営陣に伝えるための組織というくらいの認識だろう。

鉄道会社の労働組合も勿論そのような活動を行っているが、変わっているのは組合が複数存在することだ。

会社が一つであれば組合も一つであるというのが一般的だと思われているが、鉄道業界では複数存在することが多い。

ちなみに、航空業界も複数の組合が乱立しており、組合問題は根深い。少し前に映画化もされていたが、沈まぬ太陽という小説がわかりやすいだろう。この小説のモデルはJ○Lと思われるが、複数ある組合間の争いが経営破綻の一因となっていることがわかる。

詳細は別の機会に書くこととするが、国鉄にも複数の組合が乱立し、これが国鉄崩壊の一因ともなっている。

民営化により組合は統一されつつあったが、結局は分裂し現在の姿に落ち着いている。

“鉄道会社の新入社員研修は?その3(組合問題とブラック企業)” の続きを読む


鉄道会社の組合はどんなもの?その2


前回、鉄道会社の労働組合について簡単に紹介しました。
今回は鉄道会社ならではの組合活動について紹介します。

異様な雰囲気の組合大会

飲み会やスポーツ大会、各種レクリエーションなど普通の会社と同じような組合活動の他に、政治勉強会や定期大会といった活動が存在する。

中国・北朝鮮を髣髴とさせる定期大会

定期大会とは、ある地域の組合員の代表が集まり、今後の方針や賃上げなどについて話し合いを行ったり、交渉後に会社側の回答を共有し、○○という項目について勝利した!××はこれからの課題である!といったように、団結を深めることを目的とした集会である。

ちなみに、組合にも会社組織同様ヒエラルキーがあり、
職場分会→地区分会→支社分会→全社会
のような形になっており、更に女性委員会や青年委員会、グループ会社委員会など、組織は多岐にわたる。

これら組織それぞれに定期大会が存在し全社大会ともなると、大きなホールを借り切って盛大に大会を行う。その姿は中国共産党や北朝鮮の党大会を髣髴とさせる

組合全社大会イメージ

“鉄道会社の組合はどんなもの?その2” の続きを読む


鉄道会社の組合はどんなもの?その1


今回は鉄道会社の特殊な労働組合について語ります。

労働組合とは?

労働組合と聞いて、何を想像するだろうか?
wikipediaによると、労働組合の定義はこうなっている。

労働組合(ろうどうくみあい、英語:trade union、labour union)とは、労働者の連帯組織であり、誠実な契約交渉の維持・賃上げ・雇用人数の増加・労働環境の向上などの共通目標達成を目的とする集団である。 その最も一般的な目的は、「組合員の雇用を維持し改善すること」である。

労働組合 – Wikipedia

近年ブラック企業への対策や、ワークライフバランスの向上などが叫ばれているが、労働組合を結成することで、会社側の一方的な都合が労働者に押し付けられず、こういった問題へ対処することも可能であるのだ。

労働組合が存在しない外資系企業やIT企業、外食産業の労働環境が問題になっているが、最近では業界全体の労働組合や、学生が結成した労働組合なども存在する。

鉄道会社の労働組合は?

一方、鉄道会社には昔から労働組合が存在している。むしろ、鉄道会社で働くという事=労働組合に所属することといっても過言ではない。

言葉だけを聞いてみると、鉄道会社はブラック企業などと違って労働組合がしっかりしていて、安心して働けるいい環境じゃないか!と思う人も多いだろう。

確かにそれは間違っていない。
しかし鉄道会社の労働組合は非常に特殊で複雑なのである。

“鉄道会社の組合はどんなもの?その1” の続きを読む